パパや知り合いに身バレしないパパ活アプリ・サイト5選!身バレ対策やバレたときの対処法も紹介

短時間で高収入が得られることから、20代女性を中心に人気となりつつあるパパ活。

しかし「パパ活をしてみたいけど身バレが不安…」「身バレしないパパ活アプリを知りたい!」とパパ活においての身バレが気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、パパや知り合いに身バレしないパパ活アプリ・サイト5選を紹介します。

また身バレ対策や、バレてしまったときの対処法についても詳しく解説していきます。

身バレせずにパパ活で稼ぎたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

パパ活で身バレしたらどうなるのか?身バレには2種類ある

そもそもパパ活の身バレには、パパにバレる場合と知り合いにバレる場合の2種類があります。

パパにバレるのか周囲にバレるのかによって、リスクも異なるのです。

まずは身バレしてしまったらどうなるのか、それぞれ詳しく解説していきます。

パパに身バレしてしまった場合は、自身に危険が及ぶおそれがある

パパに身バレするということは、個人情報がパパにバレてしまうことを指します。

パパに個人情報が知られてしまうと、自分自身に危険が及ぶおそれがあるので注意が必要です。

パパ活男性には2パターンあり、女性の個人情報を一切気にしない割り切りタイプとパパ活の垣根を超えてプライベートでも繋がりたいと思っているガチ恋タイプがいます。

割り切りタイプのパパの場合はそこまで心配する必要はありませんが、ガチ恋タイプの場合は身バレすると危険です。

ガチ恋パパは個人的に繋がりたい思いが強いゆえに、住所などの個人情報がバレた場合、家にまでついてくる可能性もあります。

また割り切りパパだったとしても、パパが既婚者だった場合は相手のパートナーに身バレして訴えられる可能性があるのです。

それぞれのリスクについて詳しく解説していきます。

パパが自宅にきてしまうおそれ|ストーカー化してしまう可能性も

パパに身バレしてしてしまうと、パパが自宅にきてしまうおそれがあります。

場合によってはストーカー化してしまう可能性もあるので注意が必要です。

ガチ恋パパの場合は最寄り駅で待ち伏せされたり、家の前にきて声をかけられたりすることもあります。

また、パパからの大人の提案を断るなどして、パパとの関係が悪くなった際には「家族にバラす」などといって脅してくる場合もあるのです。

住所や学校といった個人情報を握っているからといって、あなたを思い通りに扱おうとする悪質なパパも存在します。

どんなに紳士的に見えるパパでも、ストーカー化する可能性は0ではないことを覚えておいてください!

相手のパートナーにバレて訴えられるおそれ|高額な慰謝料を請求される可能性も

既婚者とのパパ活の場合、相手のパートナーに身バレすると訴えられるおそれがあります。

既婚者とパパ活をすること自体は違法ではありませんが、身体の関係を持ってしまうと不倫と見なされ「不貞行為」に該当する可能性が高いです。

不倫の条件は、「既婚者と不貞行為を行うこと」になります。

パパのパートナーに大人ありのパパ活が発覚してしまうと、高額な不倫慰謝料が請求される可能性が高くなります。

不倫慰謝料の相場は、100万円〜300万円と非常に高額です。

パパがうっかりしていてLINEを奥さんに見られてしまったり、奥さんが浮気を疑って探偵を雇ったりして個人情報が漏れる可能性があります。

既婚者との大人ありのパパ活には大きなリスクが伴うことを覚えておきましょう。

周囲に身バレしてしまった場合は、信頼関係が崩れてしまう可能性が高い

家族や友人など、知り合いにパパ活がバレてしまった場合は、今まで築き上げた信頼関係が崩れてしまうリスクがあります。

パパ活はドラマに取り上げられたこともあるほど、年々私たちにとって身近なものになりつつあります。

パパ活をする男女は年々増加傾向にあり、周りでパパ活をしている友人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、いくらパパ活がポピュラーになっても「パパ活している」と話すことで、偏見の目で見てくる人がほとんどでしょう。

「パパ活=援交」という考えをしている人も多く、「身体を売っている」「売春行為だ」という人も少なくありません。

成人年齢の女性がパパ活で稼ぐことは、違法でもなければ悪いことでもありませんが、周囲にバレてしまった場合は、関係が壊れるリスクがあることを覚えておきましょう。

ここからは、周囲に身バレした場合のリスクについて詳しく解説していきます!

周囲に軽蔑の目で見られてしまう|噂が回って生活しにくくなることも

パパ活をしていることがバレると、周囲に軽蔑の目で見られてしまいます。

とくに大学生の場合は、パパ活をしている噂が流れることで、普通の生活ができなくなるリスクもありますよ。

先ほどお伝えしたように「パパ活=援交」という考えをしている人は非常に多くいます。

仮に食事のみのパパ活しかしていなかったとしても「あの子はパパ活している」と噂されるだけで、大人の関係込みのパパ活だと思う人がほとんどです。

社会人の場合もパパ活していることが職場でバレてしまうと、周囲から軽蔑の目で見られてしまうので働きづらくなってしまうかもしれません。

今までの人間関係が崩れてしまう|彼氏がいる場合は振られてしまう可能性も

パパ活をしていることがバレると、今までの人間関係が崩れてしまう可能性があります。

家族にバレてしまった場合は、「自分と同じくらいの男性と娘が付き合っている」と両親に大きなダメージを与えてしまいます。

自分の大切な子供がパパ活をしていると知って、喜ぶ親はいません。

今までの信頼関係が崩れてしまうので、行動も制限される可能性があります。

また彼氏がいる場合は、パパ活がバレることで振られてしまうことも。

「恋人が別の男性と過ごしている」と考えるだけで、関係を続けるのが難しいと判断する男性も多くいます。

パパ活が彼氏にバレたら、今まで通りの関係を続けるのはなかなか難しいでしょう。

パパ活で身バレする原因をパパバレ・周囲バレ別にそれぞれ紹介

ここからはパパ活で身バレする原因を、パパにバレる場合と周囲にバレる場合でそれぞれ紹介していきます。

身バレする原因をしっかり理解して、自分は大丈夫かどうか確認するようにしてください!

パパに身バレする原因①パパに個人情報を見られてバレてしまう

パパに身バレする原因の1つ目は、パパに個人情報を見られてバレてしまうことです。

パパと一緒に過ごしているときに免許証や会員証などを見られてしまうと、本名フルネームが知られてしまいます。

パパに見るつもりがなかったとしても偶然見かけてバレてしまうこともあります。

本名がバレてしまうと、facebookなどのSNSで調べられた場合、通っている学校や交友関係をパパに知られてしまうことも。

話している内容と全く違うと「嘘をつかれた」とパパが怒ることもあるでしょう。

このようなひょんなことから、太パパや良パパとの関係が悪くなってしまうおそれもあります。

また悪質なパパに住所がバレてしまうと、家についてきてしまったりストーカー化してしまったりすることも少なくありません。

どんなにささいな個人情報でも、調べられるとボロが出てくることも多いです。

パパに身バレする原因②パパとの会話の内容からバレてしまう

パパに身バレする原因の2つ目は、パパとの会話の内容からバレてしまうことです。

関係値が長くなると、パパと話す会話内容も増えていきます。

それによってささいな会話の内容から、学校や最寄駅などがバレてしまうことがあります。

パパによって個人差はありますが、多くのパパはもっとあなたと近い存在になりたいと思っています。

仲良くなりたいからこそ、個人情報も詮索してくるのです。

そういったパパは「近くの〇〇っていうラーメンが美味しくて〜」など、ちょっとした会話内容からでも、最寄駅を特定する危険があります。

どんなに仲良くなったとしても、パパのことを完全に信頼してはいけません。

学校や近所の話など、場所が特定できそうな会話はしないようにしてください。

パパとの会話のなかで「自分のプライベートを詮索してきているな」と感じたら、少しずつ距離をおくのが安心です。

周囲に身バレする原因①パパ活アプリで見つけられてしまう

周囲に身バレする原因の1つ目は、パパ活アプリで知り合いに見つけられてしまうことです。

知り合いがパパ活アプリをやっている場合、スワイプをする際に見つかってしまうことも少なくありません。

例えば父親の同僚がパパ活アプリをやっていて、あなたの顔を知っている場合、見つかってしまったら父親にバレてしまうこともあります。

そのほかにも、恋愛目的でパパ活アプリに登録している同世代の知人に偶然見つかってしまうことも。

またこれはお互い様ですが、自分の父親がパパ活アプリに登録している場合、プロフィールに顔出しをしていたら一瞬でバレてしまうでしょう。

パパ活アプリに登録しているため、恋愛目的と誤魔化すのは難しいかもしれません。

また年上の彼氏と付き合っている場合は、彼氏の友人などに見つかって、彼氏にバレてしまう可能性もあります。

周囲に身バレする原因②パパとのデートを目撃されてしまう

周囲に身バレする原因の2つ目は、パパとのデートを知り合いに目撃されてしまうことです。

年が離れた男性と2人で歩いているのを知り合いに目撃された場合は、すぐにパパ活認定されてしまうでしょう。

見かけられてもその場で声をかけられることはなく、噂で広まってしまう可能性が高いです。

このバレ方は周囲にバレるケースのなかで最も多くなっています。

知り合いに聞かれた際に、父親とごまかす方法もありますが、父親の顔が知られている場合は難しいです。

また見かけられるのではなく、バッタリ遭遇してしまった場合は、紹介の仕方によってはパパを傷つけてしまうこともあります。

その場で知り合いに関係を聞かれた場合は、「仕事先のお得意さん」「親戚」などと言い訳するようにしましょう。

手を繋いだり腕を組んだりしていなければなんとか言い訳できるので、外でのパパとのスキンシップはなるべく控えるようにしてください。

パパ活での身バレ防止方法・対策方法を種類別にそれぞれ紹介

パパ活でバレる原因を紹介しましたが、実際にどうやって対策すればいいのか気になりますよね。

ここからは、パパ活での身バレ防止方法を紹介します。

パパへの身バレ防止方法と周囲バレの防止方法をそれぞれ解説するので、ぜひ参考にしてください!

パパに対する身バレ防止方法は?とにかく個人情報を隠し通そう

パパに対する身バレ防止方法として、最も効果的なのは「とにかく個人情報を隠し通す」ことです。

本名はもちろん、大学名や会社名、住所や最寄り駅などがバレてしまうと脅されたりストーカーされたりするリスクが一気に高まります。

一緒にいるときは貴重品は肌身離さず持つようにしましょう。

またホテルなどでシャワーを浴びる際にも、貴重品だけは防水ケースに入れて持っていくなど、個人情報の管理は徹底してください。

さらに、パパといるときは携帯の管理も重要です。

スマートフォンの通知で交友関係がバレることもあるので、パパといるときは通知をオフにしておくのが安心です。

一緒にいるときでも、少し席を外す場合は携帯の画面を下向きにするなど、管理には気をつけてください。

そして、パパからお手当をもらう際は、現金手渡しを徹底するようにしてください。

口座振り込みを希望するパパもいますが、口座を教えてしまうと本名がバレてしまうので危険です。

本名を知る目的で口座を聞いてくるパパもいるので、気をつけてくださいね。

お手当は必ず現金でもらうようにしましょう。

ちなみに最初から口座振り込みを希望するパパは、お手当を支払わない悪質パパの可能性が高いので、なるべく関わらないようにするのが安心です。

周囲に対する身バレ防止方法は?とにかく見られないようにするのがポイント

周囲に対する身バレ防止方法として、最も重要なのは「とにかく見られないようにする」ことです。

先ほどもお伝えしたように、周囲にバレる一番の原因はパパとのデートを知り合いに目撃されることです。

そのため、自分の生活圏内でのパパ活はなるべく控えるようにしましょう。

知り合いになるべく会わないために、いつも行かないような場所をパパに提案してみるのもおすすめです。

またパパ活アプリを使う際には、「身バレ防止機能」が搭載されているアプリを使うのもおすすめです。

パパ活アプリによって仕様は異なりますが、自分が「いいね」を押した相手にしかプロフィールが表示されない機能や検索画面にプロフィールが出てこなくなる機能など、さまざまな機能が搭載されています。

身バレ防止機能を有効利用することで、身バレを気にすることなくパパ探しが可能です。

ただし、身バレ防止機能を使うことでパパから見つけられることは少なくなるのでマッチング率は一気に低くなります。

時と場合によって使い分けるようにしてください。

【2024年最新版】身バレしにくいパパ活アプリ・交際クラブ5選

ここからは、身バレしにくいパパ活アプリや交際クラブを5つご紹介します。

アプリや交際クラブによって、それぞれ特徴が異なるので、自分に合ったものを見つけてみてくださいね!

ペイターズ|「プライベートモード」で身バレ対策がしっかりできる

ペイターズ
出典:paters(ペイターズ)

身バレしにくいパパ活アプリの1つ目は、「ペイターズ」です。

ペイターズは、会員数200万人超えの日本最大級のパパ活アプリ。

その使いやすさと出会いやすさから、パパ活をしている男女ともに一番人気です。

ペイターズの男性会員料金は、月額12,000円とパパ活アプリ・サイトのなかで最も高いため、金銭的に余裕がある男性しか登録していません。

そのため、太パパが見つかりやすいですよ。

ペイターズには、身バレ防止機能の「プライベートモード」が搭載されています。

プライベートモードを使うことで、相手の検索結果に自分が表示されなくなります。

また自分の足あともつかないので、相手のプロフィールを閲覧したこともバレません。

「いいね」をくれた男性のなかから、自分が許可した相手のみにプロフィールが表示されるので、身バレを気にせずにパパ探しが可能です。

このように身バレ防止に徹底しているペイターズを使えば、数多い男性会員のなかからバレずに目的に合ったパパを見つけられます。

ラブアン|「シークレットモード」で身バレ対策がしっかりできる

出典:ラブアン

身バレしにくいパパ活アプリの2つ目は、「ラブアン」です。

ラブアンは2019年からサービス開始した比較的新しいパパ活サイトです。

富裕層向けのアピールしているパパ活サイトなので、年収1,000万超えの男性会員が多く登録しており、全体的なお手当相場も高くなっています。

ラブアンには身バレ防止のための「シークレット機能」が大きな特徴です。

シークレット機能を使えば、自分のオンライン状況を設定できたり足あとをつけずに男性のプロフィールを閲覧できたりします。

ただし、シークレット機能を使う際には、動画プロフィールを登録する必要があるので忘れないようにしてください。

そのほかにも、ラブアンにはパパとオンライン顔合わせをするだけでお小遣いがもらえる「恋Q機能」が搭載されています。

「恋Q機能」を使うことで、パパと外で顔合わせした際に知り合いに見られる心配もありません。

周囲バレが怖い方は、ぜひラブアンをチェックしてみてください!

シュガーダディ|顔写真なしでもマッチングしやすいので身バレしにくい

シュガーダディ
出典:SugarDaddy(シュガーダディ)

身バレしにくいパパ活アプリの3つ目は、「シュガーダディ」です。

シュガーダディは、2015年からサービスを開始している老舗パパ活サイトです。

長い運用歴から信頼も高く、初心者にもおすすめのパパ活サイトとなっています。

シュガーダディでは、顔写真を登録しなくてもマッチングしやすいのがポイント。

顔バレが怖い方でも安心してパパを探せます。

シュガーダディには、ペイターズやラブアンのように完全にプロフィールを非公開にする機能は搭載されていません。

しかしメイン写真の1枚以外は非公開にできるので、プロフィールは公開しつつ、身バレを防げます。

プロフィールを公開することでマッチング率は一気に上がるので、身バレはしたくないけれどパパを早く見つけたい方におすすめです。

その他にも、シュガーダディにはパパが出張の日時を入力する「出張検索機能」が搭載されています。

女性は空いている日程を記入することで、出張パパからのオファーが来るので、地方で稼ぎたいパパ活女子にはぴったりです。

完全会員制の交際クラブなら身バレのリスクが一気に低くなる

ここまで紹介したパパ活アプリ・サイトでも身バレは十分防げますが、より一層身バレリスクを下げたい方には交際クラブがおすすめです。

交際クラブは男女ともに運営の審査が行われるため、パパ活アプリよりも入会の難易度が高い傾向があります。

そのため、知り合いに見つかるリスクは一気に低くなります。

また、ほとんどの交際クラブでは男性の入会基準を定めており、年収に規定があったり年齢制限があるのが特徴です。

ある程度経済的に余裕がある、落ち着いた男性が多く登録しているので、パパ活初心者でも安心して顔合わせできます。

さらに交際クラブでは運営が顔合わせをセッティングしてくれるので、事前にメッセージを取り合う必要もありません。

メッセージが苦手な方や、忙しくてなかなかメッセージを返す時間がない方にも交際クラブはおすすめです。

しかし、交際クラブでは男性からのオファーを待つだけの受け身スタイルになるので、自分からアクションは起こせません。

そのため、パパ活アプリと並行して登録するのがよいでしょう。

ユニバース交際クラブ|日本最大級の交際クラブで安心

ユニバース交際クラブ
出典:ユニバース倶楽部

身バレしないおすすめの交際クラブの1つ目は、ユニバース交際クラブです。

ユニバース交際クラブは、2011年から運営されている国内最大級の交際クラブ。

全国に14店舗あるので、地方に住んでいる方でもすぐに面接ができます。

ユニバース倶楽部では、登録時に自分のできる範囲の交際タイプを5つの中から設定できます。

5つのタイプは「お食事デート」「ゆっくり(複数回デートして大人の関係の可能性あり)」「2回目から(初回は食事のみ・2回目から大人の関係の可能性あり)」「フィーリング次第(初日からフィーリングが合えば大人の関係の可能性あり)」「積極的(初日から大人の関係ができる)」となっており、自分ができる範囲で設定できるので、パパと変な駆け引きをする必要もありません。

食事のみのパパ活にこだわりたい方や地方に住んでいる方は、ぜひ一度面接を受けてみてくださいね。

青山プラチナ倶楽部|電話面談でも登録できる交際クラブ

青山プラチナ倶楽部
出典:青山プラチナ倶楽部

身バレしないおすすめの交際クラブの2つ目は、青山プラチナ倶楽部です。

青山プラチナ倶楽部もユニバース倶楽部と同じように、長い運営実績があるため、男性会員からも非常に信頼されている交際クラブです。

男性の平均年収が3,000万円なので、富裕層が多く登録しています。

青山プラチナ倶楽部の特徴は、入会難易度が易しめなこと。

交際クラブは女性のルックスやスタイルも重視されますが、青山プラチナ倶楽部では内面重視で審査をしてくれます。

そのため、自分に自信がない方でも合格しやすいです。

また青山プラチナ倶楽部では、地方在住の人のためにオンライン面談や電話面談も行われています。

面接に行く時間がなかなか取れない女性にもおすすめですよ。

パパや周囲に身バレせずにパパ活アプリで稼ぐ4つのポイント

ここからは、パパや周囲に身バレせずにパパ活アプリで稼ぐ4つのポイントをご紹介します。

顔出しをしなくても稼げるポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

個人情報をプロフィールに載せない!アプリでは偽名を使うのがおすすめ

身バレせずにパパ活で稼ぐためには、個人情報はプロフィールに一切載せないようにしましょう。

「大丈夫かな」と思っていても、ささいな個人情報から身バレしてしまうことは少なくありません。

アプリの名前は、本名と全く関係ない偽名にするのがおすすめです。

パパ活アプリでは年齢確認が行われるため、年齢詐称はできません。

そのため、年齢以外の項目を偽装する必要があります。

顔出しをしている場合は、大学の専攻や出身、趣味などもなるべく実際とは異なる情報を提示しましょう。

ただし学部や出身は事実と違いすぎるとパパとの会話についていけなくなる可能性があるので、東京なら神奈川にするなど、近場に変更するのが安心です。

身バレしにくい情報としては好きな食事ジャンルやスポーツなどが挙げられます。

なるべくパパとの会話に苦労しないためにも、身バレしない範囲の本当の情報を記入するようにしましょう。

パパ活アプリの「プライベートモード」を大いに利用する

身バレせずにパパ活で稼ぐためには、パパ活アプリの「プライベートモード」を存分に利用するようにしましょう。

先ほどお伝えしたように、パパ活アプリ・サイトにはさまざまな身バレ防止機能が搭載されています。

プライベートモードを使うことで、男性の検索画面に表示されなかったり足あとがつかなかったりと、知り合いバレのリスクを一気に減らせます。

一部使用するための条件があるアプリもあるものの、プライベートモードは全てのパパ活アプリで無料で使用可能です。

ただし、プライベートモードにしてしまうと自分が「いいね」をした相手のみに自分のプロフィールが公開されるため、男性から見つけてもらえることはありません。

身バレのリスクが下がる分、マッチング率も下がってしまうことを理解した上で使うようにしましょう。

マッチング率を下げたくない場合は、顔出しをしないでプロフィールを公開するのも一つの手です。

顔出しをせずに自分の自信があるパーツをメイン写真にする

顔出しせずにパパ活をする場合は、自分の自信があるパーツをメイン写真にするのがおすすめです。

先ほどもお伝えしたように、パパ活アプリでプライベートモードにしていると、男性からは一切「いいね」が来ない状態になります。

そのため、少しでもマッチングを上げるためには、顔出しをせずに魅力的な写真を公開するのも一つの方法です。

とくに男性が好むパーツとして多い「脚」や「胸」を強調するのがおすすめ。

スタイルに自信がある女性は全身写真を積極的に載せるようにしましょう。

全身写真を載せる際には、身バレしないためにもインスタグラムには投稿していない写真を使うようにしてください。

また胸を強調する際には、露出が多すぎるのはNG。

露出が多すぎると、大人目的のパパしか寄り付かなくなってしまいます。

ピタッとしたニットをきた写真にするなど、露出は控えめながらもバストをアピールできる写真をチョイスしましょう。

顔出しをしないでプロフィールを充実させてマッチングする

顔出しせずにパパ活をする場合は、プロフィールを充実させてマッチング率を上げるようにしましょう。

顔出しをしている女性としていない女性で比べると、マッチング率は圧倒的に顔出ししている女性が高くなります。

しかし顔出しを一切していなくても、自己紹介文を充実させることで男性会員の目を引き止められます。

写真の情報量が少ない分、文章での情報量を増やすようにしましょう。

顔出しをしていないため、事実を多めに書いても身バレの心配はありません。

そこで、自分の興味があることや趣味、現在行っている仕事や学問など、パパが興味を持ってくれるような情報を盛り込んでください。

情報のなかに一つでもパパが気になることがあれば、「いいね」を押してくれる男性も増えます。

また顔写真なしでマッチングした後に、すぐに自分の顔写真を送ることで会った後のトラブル防止になります。

「マッチング後に顔写真を送ります」などの文言を、プロフィールに記載するのもおすすめです。

パパ活で身バレしてしまったときの対処法!パパバレ・周囲バレそれぞれ紹介

どんなに身バレに気をつけていても、思わぬ事態に陥ってしまうこともあります。

そこで最後に、パパ活で身バレしてしまった場合の対処法についてご紹介します。

パパにバレてしまった場合と周囲にバレてしまった場合、それぞれの対処法を解説していくので、ぜひ参考にしてください!

パパにバレてしまった場合の対処法は?関係値によって対処法は変わる

パパに個人情報がバレてしまった場合は、一度慌てずにパパの様子を見るようにしましょう。

ここで悪用されない場合は、信頼できるパパと認定しても問題ありません。

これ以上の個人情報を漏らさないように気をつけながら、変わらず良好な関係を築いていきましょう。

しかし、個人情報を元に脅されたり、ストーカー被害にあったりした場合は、警察に相談するようにしてください。

警察に行くことで家族にパパ活をしていることがバレる可能性はありますが、何より自分の身を守ることが最優先です。

「最寄り駅まで迎えに行くよ」「学校の近くにいるんだけど会える?」など、個人情報を知った後に突然馴れ馴れしくなった場合はとくに警戒してください。

少しでも怖いと感じたら、早めに警察に相談するようにしましょう。

パパ活では実際に、男性が女性を傷つける事件も発生しています。

「まだ大丈夫かな」という気持ちが命取りになることを忘れないでください。

周囲にバレてしまった場合の対処法は?今後の周りとの関係性を考えよう

周囲にパパ活をしていることがバレてしまった場合は、パパ活を辞めるか辞めないかの決断をする必要が出てきます。

周囲との関係が崩れたとしても、パパ活で稼ぐ方が大切だと思った場合は、シラを切って認めないようにするのが鉄則です。

周りが信じてくれなかったとしても、とにかく違うと言い切ってこっそりパパ活を継続させましょう。

裏で何を言われようが、自分が認めない限りは100%パパ活認定はされません。

一方で、パパ活がバレた際に周囲との人間関係を崩したくない場合は、その場でごまかした上でキッパリとパパ活を辞めましょう。

1回はごまかせたとしても、もし続けていたのがバレた場合は信頼関係は確実に壊れてしまいます。

パパ活での稼ぎよりも今の人間関係を守りたい場合は、パパにも事情を話した上で、円満にパパ活を卒業するようにしてください。

ここで、パパに対して理不尽な関係の切り方をすると、後からトラブルに発展する危険もあります。

去り際は丁寧な対応を心がけてください!

目次