パパ活男性の年収はどれくらい?お手当相場や実際の平均年収を解説

「パパ活って月収いくらあればできるんだろう?」「パパ活男性の年収ってどれくらいなの?」パパ活が気になっている男女には、このような疑問があるのではないでしょうか。

そこで今回は、パパ活男性の平均年収をはじめとして、低年収でもパパ活するためのポイントについて紹介します。

また、女性向けには、年収が高い太パパを捕まえるコツや年収証明機能が搭載されているおすすめパパ活アプリも紹介します。

パパ活について気になっている方は、男女ともにぜひご覧ください!

目次

パパ活男性の収入はどれくらい?低年収でもパパ活はできるの?

早速、パパ活男性の収入の実態をみていきましょう。

いったい年収がどれくらいだとパパ活ができるのかについても解説していきます。

住んでいる地域によっても、パパ活にかかるお手当は異なるので、自分の年収と住んでいる地域を照らし合わせて考えてみてください!

パパ活をしている男性の平均年収は?バラつきが多い

パパ活アプリに登録している男性の平均年収は、バラつきがあるものの、およそ800万円〜1,000万円となっています。

月収に換算すると月40〜60万円あれば、平均的なパパ活男性と同じなので、経済的に満足のいくパパ活ができるといえます。

しかしパパ活アプリに登録している男性のなかには、2,000万円以上を稼いでいるハイスペ男性も少なくありません。

パパ活アプリによっても男性の平均年収は異なるので、自分の年収に合わせてライバルが少ないアプリを選ぶのがポイントです。

パパ活男性のなかには年間1億以上を稼いでいる男性もいます。

そういった男性はスキャンダルをおそれ、パパ活アプリに登録せずに会員制の交際クラブに登録するケースが多いです。

そのため、パパ活アプリに登録している平均年収はおよそ800万円〜1,000万円ですが、パパ活男性全体で見るともっと平均年収は高い可能性があります。

最低年収400万円からパパ活ができる!回数によっては予算を抑えられる

パパ活の平均年収は、およそ800万円〜1,000万円とお伝えしましたが、最低年収400万円からでもパパ活はできます。

パパ活は女性の年齢やレベル、デート内容によってお手当は大きく変わるのです。

仮に手取り26万円とした場合、大人の関係で1回3万円の支出があったとしても残りの23万円を生活費にあてられます。

そのため月3万円を支払える男性であれば、年収が400万円以下でもパパ活できます。

また最近はお手当相場が下落しているので、女性によっては1.5万円〜2万円でも大人ありができることも。

ただし相手をパパ活アプリで探す場合は、男性は月額料金を支払う必要があります。

なるべくコストを抑えるためにも、お試し期間があるアプリを選んだり、なるべく安いプランを選んだりしましょう。

後半のページでは、比較的月額料金が安いパパ活アプリ・サイトを紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

住んでいる地域によってパパ活にかかるお手当金額は変わる

パパ活のお手当相場は女性の年齢やレベル、デート内容によっても異なるとお伝えしましたが、住んでいる地域によってもかかる金額は異なります。

地域・デート別のお手当相場は以下の通りです。

パパ活の地域別お手当相場

東京大阪名古屋・福岡その他地方
顔合わせ5千円〜1万円5千円5千円0円〜5千円
食事のみ1万円〜1.5万円1万円1万円5000円〜1万円
大人あり2.5万円〜5万円2万円〜4万円2万円〜3.5万円1.5万円〜3万円
定期(大人なし)5万円〜10万円4万円〜7万円3万円〜6万円3万円〜5万円
定期(大人あり)15万円〜30万円10万円〜25万円10万円〜20万円6万円〜15万円

表を見ると東京のお手当が最も高くなっており、続いて大阪、名古屋・福岡の順となっています。

東京は平均年収も日本で一番高いため、全体的な相場も高いです。

住んでいる地域が地方であればあるほど、お手当は抑えられる傾向にあります。

パパ活女子にモテる年収は1,000万円以上!年収が高ければ高いほどモテる

パパ活男性の平均年収は800万円〜1,000万円で、最低年収が400万円以上あればパパ活はできるとお伝えしました。

たしかにパパ活自体はできるのですが、パパ活女性にモテようと思うと、年収1,000万円以上は必要になってきます。

パパ活女子がパパ活をする理由は、ほとんどが「お金を稼ぐため」です。

そのため、お金に余裕がある男性に人気が集中します。

さらに、パパ活界隈のなかでは年収1,000万円以上が一つのボーダーラインになっていることから、パパ活アプリでも1,000万円以上の年収証明をしている男性が人気です。

パパ活女子には年収が高ければ高いほどモテるので、自分の年収が1,000万円以上の男性は、迷わず年収証明をするのがおすすめです。

年収証明をすることで、レベルの高い美人とのマッチング率が一気に上がります。

年収が低くてもパパ活できる4つの理由!年収以外でもアプローチ可能

先ほど、最低年収が400万円以上でもパパ活ができるとお伝えしました。

しかし年収1,000万円以上のパパがたくさんいるパパ活アプリのなかで、好みの女性を見つけるのはなかなか難しいことも事実です。

そこで、年収が低くてもパパ活ができる4つの理由をご紹介します。

年収以外でのアプローチをすることで、低年収でも好みのパパ活女子と出会えますよ。ぜひ参考にしてみてください。

①男性の内面を重視している女性も一定数いるから

年収が低くてもパパ活ができる理由の1つ目は、男性の内面を重視している女性も一定数いるからです。

ほとんどの女性は、「お手当が都度10万円だけど居心地が悪いパパ」「お手当が都度3万円だけど居心地が良いパパ」のどちらかを選べと言われたら、前者を選びます。

それは、とにかく効率良くお金を稼ぎたいと思っているからです。

しかしパパ活女子のなかには、お手当金額よりも一緒にいる居心地の良さを重視するタイプも一定数います。

そういった女性は、年収やスペックよりも男性の内面を重視する傾向にあります。

そのため、男性の年収が低くても関係を築けることがあるんです。

内面重視の女性に気に入ってもらうポイントは、とにかく丁寧なやり取りを心がけること。

また30代・40代など、年齢が高めのパパ活女性を狙うのもおすすめです。

年齢が高めの女性は、居心地の良さを求める傾向にあります。

②清潔感を大切にしていれば女性の好感度は高いから

年収が低くてもパパ活ができる理由の2つ目は、清潔感を大切にしていれば女性の好感度は高いからです。

パパ活女子が、パパと過ごす際に最も重視するのは「清潔感」です。

パパ活女子にとっては、パパからのお手当が高いことも重要ですが「一緒に歩いていて恥ずかしくないか」、「生理的に無理ではないか」などといった基本的なことも重要になります。

どんなに高いお手当をくれるパパだったとしても、会うたびに体臭や口臭が耐えきれないレベルだと、嫌気がさして関係を切ってしまう女性も少なくありません。

それに対してお手当が少ないとしても、清潔感があって一緒にいて苦痛に感じない男性であれば、女性はポジティブに捉えてくれます。

「このパパはたくさんのお手当はくれないけど、清潔感があるし楽だから定期にしてもいいかな」と考える女性が多いんです。

年収で勝負できないからこそ、髪の毛や髭、口臭などのエチケットには一層気を遣うようにしてください。

③下心を前面に出さないことで女性も安心するから

年収が低くてもパパ活ができる理由の3つ目は、下心を前面に出さないことで女性も安心するからです。

パパ活男性の8割は大人の関係目的なので、顔合わせ前のメッセージの段階で大人ができるかどうか聞いてくる男性も多くいます。

最初から大人ありでもOKな女性ならうまくいきますが、大多数のパパ活女子はせめて1〜2回は食事を挟むのが普通と考えているため、下心100%のパパがくると引かれてしまいます。

そこで他の男性と差別化をはかるために、メッセージはもちろん顔合わせの際にも下心を前面に出さずに、紳士的な対応を心がけましょう。

最終目的が大人の関係の場合は、2〜3回目の食事デートの後に打診するのがおすすめです。

そこで断られてしまったら、次の女性を探すのもOK。

最初から下心丸出しだと、大人の関係になれたかもしれない女性にも引かれてしまう可能性が高いので、とにかく紳士的に振る舞うようにしてください!

④年収が低くても提示できるお手当金額が重要だから

年収が低くてもパパ活ができる理由の4つ目は、パパ活では実際の年収よりも提示できるお手当金額の方が重要だからです。

例えば年収1,000万円のパパのお手当は都度2万円で、年収600万円のパパが都度3万円だった場合、パパ活女子が選ぶのは100%後者となります。

パパの年収がどんなに高くても、お手当金額が低ければパパ活女子からしたら全く魅力がないのです。

そのため「この女性とは必ずお付き合いしたい!」と思った場合は、相場よりも1〜2万円上乗せすると良いでしょう。

年収が5,000万円以上の男性レベルになってくると破格のお手当を渡しがちですが、年収1,000万〜2,000万円あたりの男性だと相場と同じくらいのお手当を渡す男性がほとんどです。

そこで相場より上乗せしたお手当を渡すことで、年収が低くても女性を捕まえられます。

自分のお財布と相談しながら、お手当を考えるようにしてください!

【男性向け】低年収でもパパ活をするための4つのポイント

低年収の男性でもパパ活はできますが、好みの女性をゲットするためにはポイントを押さえる必要があります。

ここからは、年収が低くてもパパ活をするための4つのポイントをご紹介します。

①パパ活アプリを使って相手を探す!おすすめは会費の安いサービス

年収が低くてもパパ活をするためには、パパ活アプリを使って相手を探すようにしましょう。

パパ活相手と出会う代表的な方法は、パパ活アプリのほかには交際クラブやSNSなどがあげられます。

交際クラブは入会金のほか、年会費やセッティング料もかかるので、年収1,000万円以上の男性におすすめです。

またTwitterなどのSNSは無料で使えるためコストはかかりませんが、年齢確認もなく誰でも使えるので未成年のパパ活女子が多く紛れ込んでいます。

未成年とのパパ活は違法なので、SNSでパパ活相手を探すのはやめておきましょう。

一方パパ活アプリの場合、交際クラブより安く女性を探せることに加えて本人証明も行われているので安心して利用できます。

パパ活アプリによって料金も異なるので、自分のお財布と相談して入会するアプリを決めるようにしてください。

次に、月額料金が比較的安いかつレベルの高い女性が多く登録しているパパ活サイトを2つ紹介します。

おすすめアプリ|最大級の動画マッチングサービス「ラブアン」

ラブアン
出典:ラブアン

月額料金が安くておすすめのパパ活サイトの1つ目は、ラブアンです。

ラブアンは、2019年からサービスが開始した比較的新しいパパ活サイトですが、会員数180万人超えと人気のサイトになっています。

ラブアンの女性会員は20代前半の女子大学生が多いため、ピチピチの女子大生とパパ活をしたい男性にピッタリのサイトです。

ラブアンには「動画プロフィール機能」が搭載されているので、写真詐欺のパパ活女子も非常に少なくなっているのも安心です。

ラブアンの月額料金は5,980円ですが、600円で3日間のお試しプランに入会できます。

そのため、3日間で女性と顔合わせまでできればコスパ良くパパ活相手を探せます。

おすすめアプリ|魅力的なパパ活女子が多い「シュガーダディ」

シュガーダディ
出典:SugarDaddy(シュガーダディ)

月額料金が安くておすすめのパパ活サイトの2つ目は、シュガーダディです。

シュガーダディは、2015年からサービスを開始している老舗パパ活サイト。

信頼性が高いので、パパ活初心者の男性でも安心して登録できます。

シュガーダディの月額料金は8,000円となっており、パパ活アプリ・サイトのなかでは比較的安い料金設定です。

シュガーダディの魅力は顔出しなしでもマッチングしやすいこと。

自分のルックスに自信がない男性でもマッチングしやすいので、年収を偽りなく書いた上で顔写真は載せなくてもOKです。

シュガーダディには「出張検索機能」もついているので、出張先で地方の女の子と簡単に出会えます。出張が多い男性にもおすすめです。

②地方に住んでいる女性に絞って探す!地方はお手当相場が低い

年収が低くてもパパ活をするためには、地方に住んでいる女性に絞って探すのもおすすめです。

先ほどもお伝えしたように、地方のお手当相場は都市部よりも低いため、地方在住の女性は少ないお手当でも満足してくれる傾向にあります。

例えば大阪に住んでいる男性の場合、奈良や和歌山でパパ活相手を探すことで、出費を抑えられるでしょう。

しかし東京に住んでいる場合は、神奈川や千葉、埼玉はそこまで相場が変わらないので北関東に行くのがおすすめです。

また出張が多い男性の場合は、出張時のみパパ活をすると決めるのも良いでしょう。

先ほど紹介したシュガーダディを使えば、出張日程と場所を登録しているだけで当日に会える女性から応募がきます。

地方への出張時のパパ活は、安くパパ活ができることに加えて、知り合いに会ってパパ活していることがバレないというメリットもあります。

とにかくコスパ良くパパ活したい男性は、地方の女性を狙うようにしましょう。

③顔合わせではなく、最初からデートOKの女性を探す

年収が低くてもパパ活をするためには、顔合わせではなく、最初からデートOKの女性を探すようにしましょう。

パパ活アプリでは基本的に、マッチング→メッセージ→顔合わせ→パパ活開始という流れでパパ活が始まります。

顔合わせのお手当相場は5,000円〜10,000円となっており、ここでフィーリングが合わなければ女性からのメッセージはなく、また1からやり直しになってしまいます。

つまり、仮に顔合わせを5回連続で失敗してしまったら、何もできていないまま5万円を失う可能性もあるということです。

顔合わせでお手当を渡さないという方法もありますが、「顔合わせでお手当を渡さない男性=会う価値がない」と女性から認定されてしまうため、結局次に進めません。

そのため顔合わせから希望をする女性ではなく、メッセージのやり取りのなかで、即日デートがOKな女性に絞ってパパ活相手を探すと損をするリスクが低くなります。

④金額よりも即金重視の女性に絞って探す!お手当が低めな傾向あり

年収が低くてもパパ活をするためには、お手当金額よりも即金性を重視している女性に絞って探すと良いです。

パパ活をやっている女性の目的は「お金」ですが、お金の緊急度の高さには個人差があります。

現役大学生で授業の片手間にパパ活でお小遣い稼ぎをしている女性もいれば、明日の家賃を払うためにパパ活をしている女性もいます。

そこで、年収が低くてもパパ活をする場合は、お金に対する緊急性が高い女性にアプローチするようにしましょう。

即金性を重視する女性は、何よりも早くお金が欲しいので、明日もらえる3万円よりも今日もらえる2万円に魅力を感じます。

そのため、パパ活アプリの掲示板などで当日募集をかけるのもおすすめです。

大人の関係の当日募集の応募がきた女性は、ほとんどが即金性重視の女性と思って良いでしょう。

ただし、まれに業者が紛れ込んでいることもあるので、女性が不自然な日本語を使っている場合は避けてください。

【女性向け】年収の高い太パパを見つける4つのポイント

ここまでは、年収が低くてもパパ活をする方法を男性向けに解説しました。

最後に、女性向けに年収の高い太パパを見つける方法をご紹介します。

低年収の男性の戦い方を理解した上で、太パパを捕まえるためにはどうしたらいいのかしっかりチェックしていきましょう。

①男性の月額料金が高いパパ活アプリ・サイトに登録する

年収の高い太パパを見つけるための1つ目のポイントは、男性の月額料金が高いパパ活アプリ・サイトに登録することです。

パパ活アプリ・サイトによって男性の月額料金は異なります。

1カ月に5,000円支払える男性と1ヶ月に15,000円支払える男性では、そもそもの金銭的な余裕が違います。

そのため、なるべく高い月額料金のサービスに登録することで、金銭的に余裕のある太パパとマッチングできる確率が上がるのです。

また地雷パパとの遭遇率も激減するので、安心してパパ活できます。

さらに、月額料金が高いことに加えて「年収証明機能」が搭載されているパパ活アプリを選ぶのもおすすめです。

年収証明が2,000万円以上のパパに絞ってアプローチすることで、スキマ時間に効率良く良パパ・太パパを探せます。

続いて、太パパが多く登録しているおすすめのパパ活アプリを2つ紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

おすすめアプリ|会員数200万人突破のパパ活アプリ「ペイターズ」

ペイターズ
出典:paters(ペイターズ)

太パパが多いおすすめのパパ活アプリの1つ目は、ペイターズです。

ペイターズは、会員数200万人超えの日本最大級のパパ活アプリとなっています。

その使いやすさと出会いやすさから、パパ活をしている男女ともに一番人気です。

またペイターズの男性会員料金は、月額12,000円とパパ活アプリ・サイトのなかで最も高くなっています。

そのため、金銭的に余裕がある男性しか登録していないので、太パパが見つかりやすいです。

ペイターズの掲示板では、ギャラ飲みも頻繁に開催されているので、お酒が飲めて即日稼ぎたい女性にもおすすめです。

おすすめアプリ|毎日10,000組のペアが生まれている「paddy」

paddy
出典:paddy(パディ)

太パパが多いおすすめのパパ活アプリの2つ目は、paddyです。

男性会員料金が月額10,800円と高めであることから、社会的地位の高い太パパ候補がたくさん登録しています。

paddyは年齢から体型、職業、年収、資産など細かく条件を絞り込める「検索機能」が搭載されているのが特徴です。

年収2,000万円以上にして絞り込むことで、効率的に太パパを探せます。

またpaddyには、すぐに会う相手を見つけられる「募集機能」も搭載されています。

「すぐ」「相談」「お茶」「お食事」「その他」の5つの項目のなかから自分の目的にあった募集を選択することで、パパとミスマッチする心配もありません。

目的に合った太パパを効率よく見つけたい女性におすすめです。

②太パパ受けの良い女性像を目指す!パパが好きなパパ活女子は?

年収の高い太パパを見つけるための2つ目のポイントは、太パパ受けの良い女性像を目指すことです。

太パパが好む女性の5つの要素
  1. 清楚感
  2. 素人感
  3. 品・知性
  4. 向上心
  5. 謙虚さ

太パパのほとんどは、清楚系で素人感のある女性を求めています。

派手すぎるファッションや個性的なメイクは控えるようにしましょう。

また太パパは基本的に社会的地位が高いので、女性に対して品・知性を求めます。

そのため、最低限のマナーや礼儀を身につけるようにしてください。

パパ活目的の男性のなかには、一定数「女性の夢や目標を応援したい」という男性がいます。

応援したいパパは基本的に太パパか良パパです。

彼らは向上心のある女性が大好きなので、夢や目標に向かって頑張っているアピールをすることも大切です。

会話やプロフィールのなかに、夢や目標を入れ込むようにしてください。

また「お金をもらうのが当たり前」といった横柄な態度はNG。

謙虚な女性が太パパに好かれます。

③プロフィール写真や自己紹介文をパパ好みに設定する!

年収の高い太パパを見つけるための3つ目のポイントは、プロフィール写真や自己紹介文をパパ好みに設定することです。

プロフィールに使う写真は笑顔で親しみやすい写真をチョイスしましょう。

また、自分の自信があるパーツをアピールする写真を載せるのもおすすめです。

加工しすぎはむしろ逆効果なので、実物と見比べてもわからないくらいの加工が無難です。

自己紹介文では、自分のアピールポイントを具体的に記載することが重要となります。

周りのライバルに埋もれないためにも、自分のチャームポイントや特技を記入して、目を引いてもらえるようにしましょう。

性格や職業、スタイルなど、自分が持っている強みを必ず記載してください。

また、自分の空いている日程や時間帯を記載するのもおすすめです。

経済的に余裕のあるパパほど、1分1秒の時間を大切にしている傾向があります。

わかる範囲でいいので、空いている曜日や時間帯を記載してみてください!

④自分から積極的にアプローチする!太パパはすぐに売り切れてしまう

年収の高い太パパを見つけるための4つ目のポイントは、良さそうと思ったパパには自分から積極的にアプローチすることです。

出会い系アプリとは違い、パパ活アプリの男女比率は女性の方が圧倒的に多くなっています。

そのため、太パパや良パパに女性のアプローチが殺到し、すぐに売り切れてしまうことも少なくありません。

誰よりも早く太パパをゲットするためには、自分から積極的にアプローチすることが大切です。

希望条件で調べてひたすら「いいね」を送ったり、太パパ候補の男性には即レスを心がけたりすることで、太パパを捕まえられるチャンスがグッと上がります。

また1つのパパ活アプリではなく、複数のパパ活アプリに登録するのもおすすめです。

太パパを見つけるためにはとにかく場数が重要なので、積極的にアクションを起こしていきましょう!

目次