パパ活のプロフィールの書き方を例文付きで解説!パパに好かれる写真や自己紹介文の注意点も紹介

「パパ活のプロフィールってどうやって書くの?」「マッチング率が高くなる自己紹介文の書き方を知りたい!」など、パパ活でのプロフィールの書き方について疑問を抱えている方は多いでしょう。

パパ活アプリのプロフィールは男性が一番最初に見る部分。プロフィールが魅力的かどうかでマッチング率が大きく変わり、パパ活で稼げるかが決まります。

そこで今回は、パパ活のプロフィールの書き方を例文付きで解説します。

そのほかにも、パパに好かれやすいプロフィール写真のポイントや、パパに引かれるNG自己紹介文なども解説するので、ぜひ最後までお読みください!

目次

パパ活で稼いでいる女性のプロフィールには共通点がある!

パパ活で稼いでいる女性のプロフィールには、いくつかの共通点があります。

稼いでいる女性のポイントを取り入れることで、一気にパパとのマッチング率が上がります。

ここからは稼いでいるPJの3つの共通点をご紹介するので、ぜひ取り入れてみてください。

自分のアピールポイントを具体的に記載し、差別化している

パパ活で稼いでいる女性のプロフィールでは、自分のアピールポイントを具体的に記載し、差別化しています。

パパ活アプリには多くの女性が登録しており、2024年現在ほとんどのパパ活アプリで、男性会員よりも女性会員の方が多くなっています。

そのためライバルも多く、当たり障りのない自己紹介文では、周りに埋もれてしまうんです。

周りに埋もれないようにするためには、自分にしかない魅力をアピールしてライバルより魅力的だと思ってもらうことが大切。

自分のチャームポイントや特技を記入して、目を引いてもらえるようにしましょう。

性格や職業、スタイルなど、自分が持っている強みを必ず記載するようにしてください。

ちなみに、ゴルフや釣りなどは富裕層のパパ受け抜群の趣味です。

お金持ち特有の趣味を記載することで、太パパからオファーがかかるケースもあります。

自分の空いている日程・時間帯をわかりやすく記載している

パパ活で稼いでいる女性のプロフィールには、自分の空いている日程・時間帯をわかりやすく記載していることが多いです。

経済的に余裕のあるパパほど、1分1秒の時間を大切にしている傾向があります。

なるべく”効率良く”パパ活相手を見つけたいと思っている男性が好みの女性を2人見つけた場合、自分が空いている日程に会える女性に「いいね」をします。

空いている日程や時間帯を記載しているだけで、良パパや太パパとのマッチング率が上が流のです。

平日のお昼や16時以降など、わかる範囲でいいので具体的な日程や時間帯を記入するようにしてください。

ただし1週間ごとに細かく日にちを更新していると、「パパ活慣れしすぎている子なのかな?」とむしろ怪しまれてしまうのでおすすめしません。

曜日や時間帯までを記載するのがちょうどいいです。

自己紹介文にパパが好きな要素を散りばめている|5つの要素を紹介

パパ活で稼いでいる女性のプロフィールでは、パパ活男性が好きな要素を自己紹介文に散りばめています。パパが好む要素は以下の5つです。

パパが好む女性の5つの要素

パパ活男性は清楚系で素人感のある女性を求めています。

反対に夜職経験があるような、男慣れしている女性を嫌う傾向があるので注意しましょう。

また社会的地位が高ければ高い男性ほど、一緒にいる女性に品・知性を求めます。

太パパを見つけてがっつり稼ぎたい女性は、最低限のマナーや礼儀を身につけるようにしてください。

パパ活目的の男性のなかには、一定数「女性の夢や目標を応援したい」という男性がいます。

応援したいパパは基本的に太パパか良パパです。

彼らは向上心のある女性が大好きなので、夢や目標に向かって頑張っているアピールをすることも大切です。

また、適度に謙虚さを持つことも重要となります。

1,清楚感|服装・メイクはナチュラル系が鉄板でモテる

パパ活男性が好む要素の1つ目は、「清楚感」で、女性らしい服装を好む傾向にあります。

服装はアナウンサー系のワンピースがおすすめで、なるべく洋服にお金をかけたくない女性は、ネット通販のGRLなどで綺麗めのワンピースを買うとよいでしょう。

またメイクはナチュラル系がマストです。

トレンドを押さえた韓国風メイクなども可愛いですが、パパ活で稼ぐためにはパパ受けが命です。

なるべく薄く見えるメイクで盛るようにしてください!髪の色もなるべく暗めが好印象です。

2,素人感|良パパはパパ活慣れしていない女性を好む

パパ活男性が好む要素の2つ目は、「素人感」です。

「若い女性と楽しい時間を過ごす」のが目的なら、キャバクラやガールズバーで遊んだ方が楽です。

それなのに、彼らがわざわざパパ活アプリで女性を探す理由は、擦れていない素人女性と会いたいと思っているからです。

特に良パパはパパ活慣れしていない・擦れていない女性を応援したいと思ってくれる傾向があります。

素人感を出すためのポイントは「男慣れしていない雰囲気を出す」「パパ活用語を頻繁に使わない」の2点です。

パパ活アプリのメッセージの際に「大人」などのワードを出すのはOKですが、「ホ別1(ホテル別1万円)」などといった専門的すぎる用語は使わないようにしましょう。

3,品・知性|社会的地位が高い男性ほど女性のマナーを重視する

パパ活男性が好む要素の3つ目は、「品・知性」です。

太パパに気に入られるためには品と知性を兼ね備えた女性になる必要があります。

特に社会的地位が高い男性ほど、一緒に過ごす女性のマナーを重視します。

一つひとつの所作を丁寧に行うなど、内側から出る品を醸し出せるように意識しましょう。

またある程度の知識をつけることで、パパとの会話が弾みやすくなるメリットもあります。投資や経済に関してなど、パパが少しでも興味がありそうなトピックがあれば勉強してみるのも良いでしょう。

パパ活アプリでのメッセージでは、最初の印象が非常に大切です。

品のある、丁寧な口調でやり取りするようにしてください。

4,向上心|自分の夢や目標を持っている女性に男性は惹かれる

パパ活男性が好む要素の4つ目は、「向上心」です。

そもそもパパ活は、「夢や目標を持った女性を男性が経済的に支援する」活動でもあります。

そのため、パパ活男性の心底には、”女性を応援したい”という気持ちがあります。

同じお手当を渡すなら、すぐに遊びに使ってしまう女性よりも将来のための起業資金にしたり、資格勉強の費用にしたりしている女性が好みです。

実際にお手当を何に使うかは自由ですが、パパ活のプロフィールには「熱い夢・目標」を記載するのがおすすめです。

特に起業家・経営者の太パパは向上心のある女性を非常に好む傾向があります。

そのタイプのパパに会ったときには、積極的に自分の向上心をアピールしてください!

5,謙虚さ|お金にガツガツしすぎている女性は引かれてしまう

パパ活男性が好む要素の5つ目は、「謙虚さ」です。

パパ活は確かにお手当ありきの関係ですが、お金にガツガツしすぎている女性は男性から引かれてしまうので注意が必要です。

パパは女性に対して、癒しやときめきを求めているのに、お金のことばかり言われてしまうと幻滅されてしまいます。

そうならないためにも、パパとのメッセージの際に自分からすぐにお手当交渉をするのはNG。

ある程度の謙虚さを持って接するようにしましょう。

お手当や条件については、相手が言ってくるタイミングまで待つようにしてください。

とにかくお金にがっつかない姿勢を見せることが重要です。

【タイプ別】パパ活の自己紹介文の書き方のテンプレート

ここからは、パパ活の自己紹介文のテンプレートをタイプ別にご紹介します。

先ほどお伝えした、パパ活で稼いでいるPJのプロフィール共通点も散りばめているので、ぜひ参考にしてみてください!

【大学生向け】プロフィールでは夢を語り、奨学金・苦学生アピールはメッセージでするのがベスト

大学生の場合は学費があるので、奨学金返済目的といったお金に直結する内容をメッセージで話してもいやらしくなりません。

ただし、あまりにも苦学生アピールをしすぎるのは引かれてしまうので、パパの「応援したい」という気持ちを揺さぶるような自己紹介文を意識して書くのがポイントです。

【大学生の自己紹介文例】
初めまして。プロフィール見ていただきありがとうございます。◯◯と申します。
現在は都内の私立大学に通っており、主に経済を学んでおります。将来的には税理士として独立したいと考えており、自分自身の知見を広げられたらと思い今回登録いたしました。
進学のために去年長崎から上京したばかりなので、東京の楽しみ方を教えてくれる方に出会えたら嬉しいです!
好き嫌いは特になく、お酒も強くはありませんが幅広いジャンルを楽しめるタイプです。
授業時間以外は、基本的に時間を合わせられると思います。まずはお食事からご一緒できればと思います。よろしければメッセージお待ちしています!

【社会人向け】仕事の目標や将来の夢をアピールするのがおすすめ

社会人の場合は、仕事の目標や将来の夢をアピールするのがおすすめです。

自分が今している仕事を通して将来的に叶えたい夢や目標を書くと、男性の好感度が一気に上がります!

【社会人の自己紹介文例】
初めまして。プロフィール見ていただきありがとうございます。◯◯と申します。
都内の私立大学の法学部を卒業後、現在は法律事務所に勤務しております。司法書士の資格の勉強をしており、将来的には司法書士として独立するのが目標です。
まだまだ社会勉強も浅いため、もっと知見を広げられたらと思い今回登録いたしました!いろいろなアドバイスをいただける方と楽しい時間を過ごせたら嬉しいです。
最近はイタリアンにハマっていて、職場の近くのイタリアンを開拓しています。おすすめのお店を教えていただけたら嬉しいです!
まずはお食事からご一緒できればと思います。土日休みなので、土日にお会いできたら嬉しいです。よろしければメッセージをお待ちしています!

【フリーター向け】夢・目標をアピールして努力している姿を見せる

フリーターの場合は、夢や目標を追いかけているからこそフリーターであることをアピールしましょう。また時間に融通がきく点をアピールして、他の女性と差別化するのもおすすめです。

【フリーターの自己紹介文例】
初めまして。プロフィール見ていただきありがとうございます。◯◯と申します。
10歳の頃から声優を目指しており、声優スクールに通いながら現在はカフェでアルバイトをしております。最近は少しずつお仕事をいただいている状況です。
まだまだ声優として一人前ではありませんが、夢を応援してくれる男性と出会えたら嬉しいです。
バイトはシフト制なので、平日・土日どこでも基本的に合わせられます。
声優志望なのでアニメもよく見ます。アニメ好きな方がいたらぜひお話できたら嬉しいです。
まずはお食事からご一緒できればと思います。よろしければメッセージをお待ちしています!

【人妻向け】出会いが少ないことを記載して人妻好きの男性を狙う

人妻・主婦の場合は、既婚者であることを隠した方がマッチング率は上がります。

しかし、昼間しか会えなかったり夜早く帰ることが多かったりすると相手から怪しまれてしまいます。

そのため、長くパパ活で稼ぎ続けるなら人妻であることは書いておくのがおすすめです。

【人妻の自己紹介文例】
初めまして。プロフィール見ていただきありがとうございます。◯◯と申します。
3年前に結婚し専業主婦をしているのですが、新しい出会いが少ないため今回登録しました。
基本的に平日のお昼に会えるので、お気軽にメッセージいただけたら嬉しいです。イタリアンが好きなので、美味しいピザをご一緒できたらなと思います。
性格は明るく朗らかだと言われます。好き嫌いもなく、お酒も好きなので一緒に晩酌を楽しんでくれる方を探しています。
素敵な出会いがありますように、、!メッセージお待ちしてます。

【シングルマザー向け】シングルマザーであることは隠さずに伝えよう

シングルマザーの場合は、お子さんが第一なので子持ちであることは伝えるようにしましょう。

後からバレて関係が悪化するよりは、最初に伝えておくほうが気持ち的にも楽です。

男性は人妻<シングルマザーの方が警戒心がなくなるため、そこまで気にする必要はありません。

以下の例文を参考にしてみてくださいね。

【シングルマザーの自己紹介文例】
初めまして。プロフィール見ていただきありがとうございます。◯◯と申します。
現在は都内のアパートで、4歳の娘と一緒に2人で暮らしています。娘がいるので夜遅くまでは過ごせませんが、日によっては実家に預けられるので、たまには夜のデートも楽しめたら嬉しいです。
基本的に平日のお昼にランチをご一緒できたらなと思います。最近和食にハマっているので、和食好きな方と出会えたら嬉しいです。
まずはお食事からご一緒できればと思います。よろしければメッセージお待ちしています!

マッチング率・オファー率があがるプロフィール写真のポイント

ここまでは自己紹介文について詳しく解説しましたが、パパとのマッチング率を上げるためにはプロフィール写真も非常に重要です。

ここからは、パパからのオファー率が上がるプロフィール写真の4つのポイントをご紹介します。

笑顔で親しみやすい写真をメイン写真に登録する

マッチング率・オファー率をあげるためには、笑顔で親しみやすい写真を登録するようにしましょう。

美人に見えるように、すました顔をチョイスする女性もいますが、むしろ逆効果です。

パパ活男性は、女性に癒しを求めているので親しみやすい・癒されそうな女性を好みます。

そのため、「怖そう」「気が強そう」といったイメージを持つ写真を載せてしまうと、パパに引かれてしまう可能性が高いです。

また自撮りもあまり好まれないので、メイン写真は他撮りの笑顔の写真を載せるようにしましょう。

思いっきりの笑顔でなくても構いません。にこやかに微笑んでいる写真でもOKです。

作り笑いではなく、ナチュラルな笑顔を意識してください。

また服装は、先ほどお伝えしたような清楚系のコーデがベストです。

とにかくパパ受けするような表情・コーディネートを組むようにしましょう。

自分の自信があるパーツをアピールできる全身写真を載せる

マッチング率・オファー率をあげるためには、自分の自信があるパーツがアピールできる全身写真を載せるようにしましょう。

パパは自撮りだけの写真や上半身だけの写真を非常に警戒します。

全身写真を載せることで、一気にマッチング率がアップするのでなるべく1枚はあげるようにしてください。

全身写真を撮る際には、自分の自信があるパーツを強調させるとGOODです。

例えば、脚に自信がある女性は脚出しをしたり、胸に自信がある女性はタイトめな服をきたりと、自分の武器をアピールすることで周りとの差別化をはかりましょう。

ただし胸を強調する際には、過度な露出はNGです。

体目的だけの乞食Pが群がってくる可能性があるので気をつけてください。

セクシーな写真を載せたい場合は、コスプレや水着などがおすすめです。

写真を撮る場所は、親しみやすい空間で撮るようにする

マッチング率・オファー率をあげるためには、写真は親しみやすい空間で撮るようにしましょう。

クラブやフェスなど、派手な場所を背景にするのはあまりおすすめしません。

先ほどもお伝えしましたが、パパは派手すぎる女性よりも清楚で素人感のある女性を好みます。

クラブやフェスなどを背景にしてしまうと「遊び慣れている女性・男慣れしている女性」と認識されてしまい、オファー率が激減してしまいます。

おすすめの場所はカフェや居酒屋、自然に溢れた場所です。

誰でも行けそうな親しみやすい場所で写真を撮るようにしてください。

また誰でも親しみやすい場所ではありませんが、ゴルフや釣りをしている写真を載せるのもおすすめです。

ゴルフや釣りが趣味の男性からお誘いがある確率が高くなります。

特にゴルフをしている男性は、所得が高い傾向があるので太パパに見つけてもらうチャンスです。

写真は加工し過ぎない・3ヶ月以内に撮った写真を載せるのがおすすめ

マッチング率・オファー率をあげるためには、写真は加工しすぎないようにしましょう。

なるべくマッチング率を上げたいと思って加工しすぎてしまう気持ちもわかりますが、最近の男性は、女性の加工写真を見抜ける人も多くなっています。

そのため、怪しまれてオファーが一向に来ない場合もあります。

仮に加工しすぎた写真でマッチングしたとしても、実際に会った際にトラブルに発展することも少なくありません。

パパ活は実際に会ってからが勝負なので、写真は本人と一致するレベルの加工にとどめてください。

また、写真は3ヶ月以内に撮った写真を使うのがベストです。

加工しすぎた写真と同じ理由ですが、本人と違いすぎると実際に会ったときに交渉がうまくいかなくなります。

顔合わせの際に本人と違いすぎて逃げられてしまったという事例もあるので、今の自分と大差ない写真を使うことが必須です。

パパ活プロフィールの書き方の注意点|パパに引かれるNGポイント

パパとマッチングしやすい自己紹介文・写真がある一方で、パパに引かれてしまうプロフィールもあります。

ここからは、パパ活プロフィールの書き方の注意点についてご紹介します。

自分のプロフィールに当てはまっていることがないか、チェックしてみてください。

パパ活用語を使わない|パパ活慣れしていると思われて引かれてしまう

パパ活プロフィールを書く際には、なるべくパパ活用語を使わないようにしましょう。

パパ活男性は、擦れていない素人女性を好んで探しています。

そのため、プロフィールやメッセージでパパ活用語をあまりにも使ってしまうのはNGです。

業者やサクラ、あるいはカリスマPJだと思われてメッセージが返ってこなくなるでしょう。

パパ活用語で使っても問題ないのは「大人」「割り切り」のみです。

その他「プチ(本番以外の行為)」も流れによっては使っても問題ありませんが、自ら進んで使わないようにしてください。

パパとのメッセージのやり取りでは、間違っても「ホ別(ホテル別)」や「イチゴ(1万5,000円)」などは使わないようにしましょう。

最近パパ活界隈でも使われがちですが、もともと援交界隈で使われていた用語なので良パパや太パパには引かれてしまいます。

条件を細かく書き過ぎない|面倒なタイプと思われて引かれてしまう

パパ活プロフィールを書く際には、希望条件を細かく書かないようにしましょう。

「食事1・大人3でお願いします」など記載すると、あまりにも生々しくなってしまうので男性から引かれてしまいます。

条件はマッチングした後にすり合わせるのが基本で、焦る必要はありません!

さらに、男性についての要望を細かく書きすぎるのもNGです。

「清潔感のある男性のみでお願いします」「最初からガツガツくる人はお断りしています」など高圧的な文章を書いてしまうと、良パパからも引かれてしまうのでマッチング率が下がってしまいます。

男性についての要望は書かないのがベターです。

せめて「紳士的な方と出会えたら嬉しいです」くらいにしておきましょう。

男性の要望を書かなくても、メッセージや顔合わせで「違うな」と思ったらスルーすればOKです。

とにかく1人でも多くの男性とマッチングすることを第一に考えましょう。

「身体の関係なし」を強調しすぎない|大人の関係を匂わせた方がマッチング率があがる

パパ活プロフィールを書く際には、「身体の関係なし」を強調しすぎないようにしましょう。

食事のみのパパ活をしたい場合でも「大人の関係はお断りしています!」「食事のみのパパ活しかお願いしていません!」などの文言を書くのはおすすめできません。

残念ながら、パパ活をしている男性の8割は大人目的です。

そのためプロフィールから「食事のみ」を記載していると、よほどの美女でない限りはオファー率は激減してしまいます。

プロフィールに「大人NG」を記載していないからといって、食事パパとマッチングできないわけではありません。

メッセージの際に「食事のみでお願いしております」「まずはお食事から仲良くできればと思います」など、食事メインの旨を伝えれば問題ありません。

食事を何回かして大人を打診された際には、丁寧にお断りすればOKです。

パパ活でしっかり稼ぐためには、とにかくマッチングするようにしてください。

明らかなテンプレート文は使わない|業者やサクラだと思われる可能性大

パパ活プロフィールを書く際には、明らかなテンプレート文は使わないようにしましょう。

明らかなテンプレの自己紹介文を使うと、男性から業者かサクラを疑われてしまうのでマッチングできなくなってしまいます。

「♪」や「o(^▽^)o」などの古っぽい記号や顔文字も、業者感が出るので使わないようにしてください。

また、最初からアプリに用意されている定型文をそのまま使うのもおすすめできません。

パパ活に対する熱量が低い、もしくはやる気がないと思われてオファー率が下がるでしょう。

パパは自己紹介文を見てオファーするかどうか決めることを忘れないようにしてください!

先ほどタイプ別に紹介したテンプレは、編集部のパパ活女子が実際に使っていたものを改良した文章なので、アプリの定型文と被ることはありません。

自分なりに上手くアレンジして有効活用してみてください!

よくある質問にお答え|パパ活をする際の疑問・不安を解消

最後に、パパ活やアプリのプロフィールについての疑問にお答えしていきます。

疑問や不安を解消して、パパ活で稼げるようになりましょう!

パパ活のプロフィールの「一言メッセージ」には何を書けばいいの?

パパ活アプリによってはプロフィールに「一言メッセージ」を書く項目があります。

一言メッセージは写真と一緒に検索欄に表示されるので、オファー率を上げたいなら必ず書くようにしてください。

メッセージの内容は自由なのでその日の気分でつぶやいても構いませんが、おすすめは「会える日付を記載すること」と「チャームポイントを記載すること」です。

例えば「今週金曜日空いています」と一言メッセージに書いていれば、金曜に女性を探していた男性がオファーしてくれる可能性があります。

自分の空き日程をメッセージですり合わせなくてもすぐにアポが決定することもあるので、効率的なパパ活が可能です。

また「大きい目がチャームポイントです」など書いておくと、男性は気になってプロフィールをタップします。

そこから自己紹介文を読むことで、オファーしてくれる可能性が上がるということです。

一言メッセージを書く際は、この2点を取り入れてみてください。

パパ活のお手当相場って大体どれくらいなの?月どれくらい稼げるの?

パパ活では男性とのデート内容でもお手当金額が変わってきます。

全国の平均的な条件別のお手当相場は以下の通りです。

顔合わせ5,000円〜1万円
食事のみ1万円
大人の関係あり1.5万円〜3万円
定期(大人なし)5万円〜10万円
定期(大人あり)10万円〜20万円

このように、デート内容の難易度が上がるほど金額は高くなっています。

あくまで健全のみで稼ぎたい方は食事のみのデートにこだわる必要がありますが、効率的に稼ぎたい方は大人ありのパパ活を検討してみるのもよいでしょう。

ただし、食事のみでも定期契約を結ぶことができれば、都度の大人ありよりも稼げるケースがあります。

パパと何回かデートして信頼関係ができてきたら、定期契約を提案するのも一つの手です。

またパパ活女子が1ヶ月に稼いでいる金額は5万円〜100万円とピンキリです。

自分の頑張り次第では100万円以上を稼げることもあります。

基本的には10〜20万円を稼いでいるパパ活女子が多いでしょう。

パパ活は世間的に悪い印象を持たれているけど、違法なの?

パパ活自体は違法ではありません。

しかし未成年(18歳未満)のパパ活は違法です。

未成年がパパ活をした場合は、身体の関係がないデートのみでも補導対象です。

補導された場合は、家族や学校に連絡がいくため、信頼関係が崩壊するリスクがあります。

また既婚者のパパと身体の関係を持ってしまうと不倫と見なされ、「不貞行為」に該当する可能性があります。

不倫の条件は、「既婚者と不貞行為を行うこと」です。

食事やデートのみのパパ活であれば、不倫ではないと言い切れますが、身体の関係があった場合には言い逃れはできません。

また場合によっては、キスだけでも不貞行為とされてしまう場合もあるので注意しましょう。

相手の男性のパートナーに大人ありのパパ活が発覚してしまうと、高額な不倫慰謝料が請求される可能性があるので、既婚者とのパパ活は食事のみにしておくのが吉です。

パパ活の初回デート(顔合わせ)は具体的に何をするの?

パパ活の流れは「マッチング→メッセージのやり取り→顔合わせ→パパ活スタート」となり、相手と初めて会うことを「顔合わせ」といいます。

顔合わせではお互いのフィーリングを確かめることに加えて、デート条件のすり合わせを行います。

ここで金額やデート内容が合わなかった場合は、お手当をもらってお別れする流れです。

基本的に顔合わせのお手当相場は5000〜10,000円ですが、最近ではお手当なしにしてくる男性もいます。

お手当を必ずもらうためにも、顔合わせのお手当についてはメッセージで確認するようにしましょう。

また顔合わせをする場所は、なるべく人目につく場所でするのが無難です。

密室や個室は危険なので避けるようにしてください。

最初からドライブやカラオケに誘ってくる男性は地雷パパの可能性大なので、会うのを控えましょう。

目次